暑くなってきましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

さて、今回の茶飲み話は本興寺の本堂について(^_^)/~

本興寺に来られた方はご存知かと思いますが、ここの本堂は奥行きのある縦長の本堂です!!

知らない方が足を運んだ際、間違えてお隣のお寺さんに行ってしまうほど、

お寺の本堂らしくない、本堂です(^^♪

 

入り口から見て、何故か左右に奥まで長い廊下。

そしてこの広さの堂内にもかかわらず、建物の外側以外は柱がありません。

なぜ?

 

実はこの本堂は戦争中、兵隊さんの寝泊まり、子どもたちの学校のかわりとして

使用されていました。

 

当時、小学校は兵隊さんたちが使用し、

子どもたちは本堂の中に仕切りの壁を作って勉強しました。

そのために、左右に廊下があるのです(*^^*)

いまでも、ご法事などで本堂に上がられたおじいさん、おばあさんが

懐かしいと、昔話をよくされます(T_T)DSC00240

お墓でかくれんぼ、境内の池でウナギ取りなど、生活の一部だったようです(^o^)

 

大工さんは「そろそろ建て直し」と言われるのですが、

師匠、私はこの皆さんの思い出が詰まった本堂をなんとか残したいと

考えています(^○^)

 

本興寺本堂は、他のお寺とは違ってきらびやかでなく質素な建物ですが、

そんな思い出が詰まった素敵な本堂です(^^♪