神奈川県、江ノ島近くにお住まいで、本興寺にお墓を持たれるお檀家さんがいらっしゃいます。

老夫婦のご主人、奥さん、息子さん、娘さん、お孫さんと、

家族で遠方から本興寺にお墓参りに来られます。

 

ご主人と最後に会った昨年の春。

「もう自分は歳だし何かあったらお寺さんよろしくね!大好きなラーメンを食べて帰りますね!」

と笑顔で挨拶をかわしました。

 

時が過ぎ昨年12月、ご主人は病に倒れ、家族が見守る中お亡くなりになり、

地元藤沢で葬儀を行い、たくさんの方に見送られました。

 

 

そして先日、本興寺にて”四十九日納骨法要”がありました。

本堂での法要を終え、お父さんのお骨をお墓に収めるときです。

 

 

娘さんが墓前にて、

袋から出したパックには、茹でられた麺とメンマ。

そして水筒から温かいおつゆをそそぎ

お父さんに。

それだけではありません。

お父さんが大好きだった”おせんべい・どら焼き”

心のこもったお供えをご家族で施(ほどこ)されていました。

父さんは、さぞかし喜ばれていたことでしょう。

 

ご親族の皆様は口をそろえて

「お父さんには本当にお世話になった、家族や周りへ思いやりがあふれる人だった」と

お話になられていました。

 

お父さんの生前の地道な努力を見ていたご家族。

感謝の気持ちがたくさん詰まった法要でした♪

 

 

 

相手の事を心から思いやり、考え行動する。

そして互いに喜びを分かち合う。

決してお金で買える幸せではありません。

 

お金を蓄えることも大切ですが・・・

日々感謝して

心の財を蓄えましょう(^^♪

 

南無妙法蓮華経  合掌