暖かい春が待ち遠しい今日このごろ。皆さんいかがおすごしですか(^^)

3月の彼岸中は暖かく、お会いするお檀家さんとは、何度も

暑さ寒さも彼岸まで ですね~(^^)  と やりとりをしました。

にもかかわらず・・・・

お彼岸後はまた冬に逆もどり(ToT)少し前には雪が降り、寒い日が続きます(-.-;)

大きく膨らんだ桜のつぼみも続く寒さに頑張って耐えていますよ(^^)

 

さて、4月8日仏教の祖であるお釈迦様のご生誕日(ごせいたんび)です(^^♪

潅仏会(かんぶつえ)・ご降誕会(ごこうたんえ)・花祭りとも呼ばれ、

各寺院で法要などが行われます。

お釈迦様がお生まれになった時に天から龍がやってきて甘露を降り注いだ

というお話から、この日はお釈迦様の御尊像に甘茶をかけて手をあわせます(^^♪

DSCF2753

上の写真のお釈迦様・・・

お釈迦様は、生まれてすぐに四方(東西南北)に7歩ずつ歩いて、

右手は天左手は地を指して

天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)

と言われたと伝えられています。

天上天下この大宇宙で

唯我独尊ただ われ 独り 尊い(とうとい)

この言葉は、ときに自分が一番偉いという意味で使われていますが、

本来の意味は、

私たちのいのちはみなかけがえがなく、あるがままに尊い

ということで、

私たち人間だけが、果たすことのできる尊い使命がある

という意味です。

4月8日は、

この世に人間として生を受けたことに感謝し、

また、それを自覚する日でもあるのです(^^♪

 

日蓮聖人が残されたお言葉にこのような文があります。

大地の上に針を立てて、大梵天宮(だいぼんてんぐう)より糸を下ろして、

あやまたず糸を針の穴に入る事は有りとも、我等が人間に生る事は難し。

(訳)

大地の上に1本の針を立てて、空の上の大梵天という天の宮殿のところから糸をおろして、

まちがいなく針の穴に糸を通すことがあるとしても、われわれが人間に生まれることは、

それよりも難しいことである。

 

人生つらい事がたくさんありますが、

人間に生まれたことは奇跡♪

感謝感謝です(^^♪

 

当日は、本興寺本堂入り口にお釈迦様をお祀りし、甘茶を注げるようになっておりますので、

お気軽にご来寺ください(^^♪

 

そして、3月のお経セラピ~♪

たくさんの方に参加していただきました(^^♪

DSC00968_R

心から ありがとうございます(^^♪

 

そしてそして!!

お檀家さんである東條造園さまより、

山もみじ🍁をご奉納いただきました(^^♪

DSC00972_R

また一歩、

本堂の周りを真っ赤にしたいという夢に近づきました(ToT)

ありがとうございます(^^)

さて、今週中には桜、チューリップ、水仙、他、たくさんの植物さんたちが

花をさかせ、本興寺境内(けいだい)は、

春のお花でいっぱいになりそうです(^^♪

ぜひ、気軽にご散策くださいませ(^^♪

再拝