先日、東京からお墓参りに来られたご家族。

その光景に、あらためて供養の大切さを教えていただきました。

亡くなられたお父さんはご高齢でしたが、

自らの運転で東京から本興寺まで毎月ご先祖様のお墓参りに来られていました。

お墓参りの前には必ず本堂で手を合わされ、

ご縁のあるお墓それぞれにきれいなお花を供え、掃除をする姿は今でも目に焼き付いています。

一生忘れません・・・。

そんなお父さんとのお別れはあまりにも急で、

私自身かなりのショックでしたが、

残された家族はなおさらです。

思うようにうまく歩くことが出来ないお母さんを

支えながらのお墓参り。

お父さんと同じようにご縁のあるお墓にもお花をお供えされていました。

遠くから聞こえる家族の笑い声を聞きながら、

お父さんは喜んでるな~

お父さんのこれまでの行いが生きている

と心から感じました♪

 

 

今月の掲示板(^^♪

どこの家庭でも様々な悩みがありますが、

供養をしている時はたとえ一瞬でも世の中の雑念から離れ

ただ相手のことを思い純粋な気持ちで手を合わせます。

私が僧侶になり、はっきりと言えること。

お金の有無に関係なく

ご先祖様を大切にしている家庭は温かい

決して目に見えるものではありませんが、

お家の中の空気、家族の人柄、全てが

あったか~く感じます(^^♪

 

だから、お寺に来られる心温かい方々とお話が出来る私は、

本当に幸せものです。

感謝です(^^♪

 

 

 

寒い日が続きますが、

寒さに身を縮めても、

心は広~く♪ゆったりと(^^♪

風邪をひかないようご自愛ください(^o^)

合掌