綺麗な花を咲かせてくれたつつじさん♪

 

 

境内の植物さんたちも日に日に成長し、季節を感じられます♪

 

最近の私はといいますと・・・、

田植えのお手伝いで体がバキバキです(*_*)

 

”田植え”と聞くとのどかな雰囲気を想像されませんか?

 

実は、かなり体力を使う肉体労働!!

種から大切に育てた苗をトラックに積み、

 

田んぼに運んで田植え機に。

 

この苗を育てることも容易ではなく、農家の方々の苦労を実感させていただいてます(^^♪

お米ひと粒ひと粒に感謝して大切にいただかないといけませんね(^^♪

そんなこんなで、

 

私たち法華宗の僧侶がお食事を戴く際にお唱えする食偈(じきげ)をご紹介♪

 

天の三光(さんこう)に身を温(あたた)め 

地の五穀(ごこく)に魂(たましい)を養(やしな)うこと 

これ偏(ひとえ)に本地如来(ほんじにょらい)の大慈大悲(だいじだいひ)なり

たとえ一滴の水も一粒(いちりゅう)の米穀(こめ)も

これ本佛(ほんぶつ)の身命(しんみょう)を捨て給(たも)う処(ところ)にあらざることなし

今我道業(いまわれどうごう)を成(じょう)ぜんが為(ため)にこの食(じき)を受く

故(かるがゆえ)に衷心感謝(ちゅうしんかんしゃ)して以(もっ)てこれを頂戴(ちょうだい)せん

是人舌根浄(ぜにんぜっこんじょう)

受不受悪味(じゅふじゅあくみ)

其有所食噉(ごうしょじきだん)

悉皆成甘露(しっかいじょうかんろ)

本門八品上行所伝本因下種之(ほんもんはっぽんじょうぎょうしょでんほんにんげしゅの)

南無妙法蓮華経

南無妙法蓮華経

南無妙法蓮華経

 

修行に入りたてのころはなかなか覚えられず、必死に暗記していた頃が懐しくかんじます(^^♪

意味はわからなくても、有り難くかんじられませんか?(^o^)

 

大切なことは

 

感謝する

 

につきますね(^o^)

 

 

 

先日、お檀家さんのおうちにお参りに伺った時、

 

なんと!

ラブレター♡

をいただきました(^^♪

 

 

小学校新一年生からのお手紙。

めっちゃ嬉しかったです(^^♪

ありがとう♪

 

さて今月もあとわずか、春の草花はもちろん、田んぼのきれいな緑やカエルさん達の鳴き声、

普段見過ごしている音や景色を感じて皆さん素敵な毎日を♪