季節は師走。

今年も色々な出来事がありました。

新型コロナウイルスの拡大に伴う緊急事態宣言が出されて以来、当たり前のように暮らしていた日常から切り離され、聞き慣れない言葉や情報が飛び交う中で現在も見えない敵と戦っている状況です。

ひとり一人の思いやりと拡大させない意識が大切なとき。自分のできることをきちんとして今できることをする!!

ということで

自粛期間を利用しお寺の環境整備、炭作り、池の再生に没頭した一年😊

長年池のザリガニと格闘してついに咲かせることができた睡蓮\(^o^)/

その睡蓮たちが村の広報8月号の表紙になりました😍

凛として美しさとやさしさが溢れている素敵な写真♪

この写真を撮っていただいたのは住民課の田中さん。

きっと田中さんは清らかな心の持ち主なんだろうなー😃

ところで、睡蓮(スイレン)と蓮(ハス)の違いご存知ですか?

葉に切れ込みがあるのがスイレン。

クロード・モネの名作は睡蓮の花です

切れ込みがなく水をはじく葉のハス。

以前の茶飲み話で報告した
1850日かけて開花した大賀ハス♪

またスイレンの花は水面で咲き、ハスは水面より高く上がり咲きます。

プチ知識として😃

そして先日、役場の田中さんが再度ご来寺♪

今回は新本堂の取材です😃

村の情報発信のためカメラを構える姿が心強い

村民と行政をつなぐ大切なパイプ役『広報ちょうせい』。

村のホームページからも見れますのでぜひご覧ください😚

12月号では本堂を少し紹介していただけるみたいです♪

今月の掲示板は♪

泥の中に根を張りきれいな華を咲かせる蓮と同じように、

この苦しみの多い世の中でも

南無妙法蓮華経と信じ唱えることで

私達の心の中にあるキレイな華が咲くんです♪

「馬鹿なことを~~」って思った方。

お経の中にそう説かれているんですよ😃

もう一つは法華経から

私達がお唱えする『妙法蓮華経』の「方便品第二」には

「言辞柔軟悦可衆心」(ごんじにゅうなん えかしゅうしん)

と説かれていて、簡単に訳すと

「柔らかく穏やかな言葉遣いによって人々の心を喜ばせる」

という意味です。

悪い言葉や荒い口調は相手に不愉快を与え、その行い(業)は自分に返ってくる。

反対に、良い言葉を心がけ日々の生活を送っている人には良い人が集まり良い出来事が返ってくる♪

柔らかく穏やかな言葉遣いによって、思いやりのある言葉となりその言葉が相手の心を揺さぶり互いの心がつながる。

思いやりのある優しい言葉で他者と接することを『言辞施』(ごんじせ)といい、実はこれも立派な仏道修行のひとつ”布施行”なんです。

特に今はマスクで表情が分かりづらい💦

発する言葉や話し方はよい人間関係を築くためにも大切ですね😊

早速『言辞施』始めてみませんか?

さて、毎年11月16日に行われる本興寺お会式法要。

お会式とは日蓮大聖人がお亡くなりになられた命日(旧暦10月13日)に、

お寺で行う法要をいいます。

なぜ11月16日??

はい、各お寺の日蓮大聖人に感謝の気持ちを込めてお経をあげさせていただくため、それぞれのお寺が日にちをずらして行っているんです♪

本興寺は開創から今年で502年。

沢山の御宝物があり3年前までは日蓮大聖人直筆のお曼荼羅を護持していました。

それらのご宝物をこの御会式で虫干し(風通し)をして一般公開しているのですが、なんせ新しい本堂でこれまでとは勝手が違うため準備には右往左往(T_T)

なんとか無事に日蓮大聖人の739回忌に御宝物を祀(まつ)り、そしてご来寺くださった皆さんとお題目をお唱えさせていただき、有り難い時間を頂戴いたしました♪

本堂改修工事

なかなかお寺に足を運べない方

本堂、回廊、皆食堂の写真を一部ご紹介します♪

岐阜県、木曽の石だそうです😃

本堂周りの石垣に使用される大量の大きな石。

外構工事は地元の【東條造園さん】石垣造りは社長の十八番😚


夕方の本堂
夜の御宝前
会食堂
お墓参りの待ち合わせやお掃除の一服にぜひご利用ください♪
本堂から会食堂・墓地への通路(回廊)

最後にお知らせです😃

今年も

手指消毒、マスク着用、本堂内換気等感染対策を徹底し

除夜法要(法話もします) 

午後11時40分

除夜の鐘つき       

午後11時50分~午前0時半まで

を行います😊どなたでもご自由に参加できますのでお気軽にご来寺ください♪

尚、コロナウイルス感染防止のため、今年は御神酒や温かい飲み物は中止させていただく予定です。

皆さんの手で鳴らす除夜の鐘の音色で新年を迎える人がたくさんいます✨

今年の垢を取り除き、お経の王様 法華経の功徳を頂いて素敵な年末年始をお迎えください。

池の名前もまだまだ募集しています😃ぜひご応募ください。

それでは皆様にとって素敵なひと月となりますように。

南無妙法蓮華経

合掌