2月といえば節分。多くのお寺や神社で節分会が行われます😃

この日は妻が一年で一番張り切る日😃どんな記念日よりも「一年で一番大切な日 👹 」らしい・・・。

過去世でなにがあったんだろ~~😃

節分豆を御宝前にお供えし豆をまき、恵方を向いて巻き寿司を黙ってもくもくと頂く。妻は毎年欠かさずやっています。

色んな過ごし方がありますね♪

今月の掲示板

本興寺境内の植物たちは寒さに耐えながら春の訪れを待っています。

私たちが普段目にしている植物たち。

この植物を支えている「根」。

土中のため目にすることが少ないかもしれませんが、

植物は根がないと成長もしませんし根に元気がないと葉や花に影響が出ます。

それとは違い、私たち人間は土中に根をはらず自由に動きまわることができます。

表面上には見えませんがそこから栄養を貰い 、倒れないように支えてくれる私たちの「」。

それはご先祖様です。


花や葉、日々の生活で目に写っている物事に目を向けることが多いかと思いますが 、

目に見えない根やご先祖様に気を配ることが大切。

ご先祖様を大事にするという事は植物が根っこを土中に伸ばしていくことと同じであり、栄養たっぷりの根っこはちょっと引っ張るぐらいでは抜けません。

同じようにご先祖様を大事にしていると、困ったことに直面しても倒れてしまわないように目に見えないところで私達を支えてくれるのです。

このことに気づけば、ご先祖様から栄養を頂き、その「おかげさま」で

いまがあるということが、と~~っても有り難いですよね♪

日蓮上人のお言葉

我が身は天よりもふらず、地よりも出(い)でず父母の肉身を分けたる身なり。我が身を損ずるは父母の身を損ずるなり。

自分の体は天から降ってきた訳でもなく地面から出てきたわけでもない。

父と母から体をわけて頂き今の自分があるのです。

その父母もそれぞれの父と母から、つまり今の自分からするとおじいちゃんおばあちゃんから分けて頂いてるのだから自分の体にはおじいちゃんおばあちゃんの体も含まれています。

そうやって巡っていくと数え切れない人達の体をわけて頂き今の自分があるのです。

それらの人達がご先祖様。

自分の体を傷つけるのは数多くのご先祖様を傷つけることと同じ。

またその逆を言えばご先祖様を大事にするという事は自分を大事にすることと同じだと日蓮上人はおっしゃられています。

目に見えないものだからこそ大切に😊。

さて外構工事の進行状況です😃

石垣造りは順調に♪

写真右側で腰に手をあてている方は、

この外構工事を請け負っていただいている東條造園さん社長が修行した当時の親方、はなたつ造園社長の岩澤さん。

何十年経った今でも弟子の現場に♪

師弟での作業♪

その親方に話を聞くと、石垣造りは造園やさんにとって特別なお仕事だそうです。

「親方~、石垣造りは難しいですか?」

と尋ねると・・・。

楽しいね。

若住職、石垣は自分で考えて石を積むんじゃないんですよ。

石がそこに行きたがるんです。

それを感じることなんです。

だから、石の気持ちを感じられているときはお昼の時間でも続けるんです。

逆に感じられていないときは何時でもやらない方がいいんです、時間の無駄だから」と。

深すぎる~~~~~~~~~~~~~!!!!!

一見簡単そうに見える天端(てんば)をあわせる作業も、実は難作業。

全ての石がそれぞれ違う形。

流石職人さん、匠の技でこんなにすてきな石垣が完成です♪

石のパワーはんぱないーー🤘

そして相変わらずの私は・・・・・

職人さんの邪魔にならないように今も作り続けている炭をマキマキ😃

土中環境の改善継続中です♪

他にも、本堂前の聖域が雨水によってぐちゃぐちゃにならないように

暗渠(あんきょ)排水配管も丁寧に施工して頂き、

本堂へのアプローチ石畳も、職人技であっという間に完成♪

お陰さまで感動の毎日です。

昨年から全く雨が降らずカラカラになっていた池は

最近の恵みにより良い感じに♪

4月の完成に向け日に日に素晴らしくなっている境内😃

「池の名前大募集!!」はたくさんのご応募を頂いています。まだまだ募集していますよ(3月末締め切り)。

それでは皆様にとって素敵なひと月となりますように♪

南無妙法蓮華経

 合掌